枯山水の会7月例会の報告

戻る

 

枯山水の会7月例会は新潟県十日町市の「当間高原リゾート」で開催しました。今回の例会は新潟在住の鯉谷氏の企画で実現しました。7月11日〜13日の2泊3日の行程で8名の参加のもと2ラウンドのゴルフを楽しみました。関西からは福山氏、南氏の二人が空路新潟に、空港から鯉谷氏の車で参加。関東からは前田兄弟と野木氏が車で、後藤幸弘氏と伊藤氏は新幹線で越後湯沢へ行きバスで現地に。

 

『あてま高原リゾートベルナティオ』

あてま高原リゾートは『総合保養地域整備法(リゾート法)』に基づく新潟県の『雪と緑のふるさとマイ・ライフリゾート新潟構想』の一環として新潟県,十日町市と東京電力,第四銀行,鹿島などの第三セクターにより開発がすすめられ、平成8年に開業、今年20周年を迎えました。標高400m460haの高原に『自然とリゾートとの共生』をコンセプトに掲げ、ホテル,ゴルフ場,プール,テニス場,サッカー場などのほか水辺環境の創出を目指してビオトープの整備を行っています。

ベルナティオは自然に恵まれた施設周辺をイメージしたイタリア語『Bel Paese Natio』が語源。

1日目

夕方4時にホテルに集合、温泉で汗を流した後会食。洋風バイキング料理で飲み放題。日本海の魚介類と新潟の日本酒がなかったのが一部会員から不満が。ホテルの部屋は4人部屋ですがベッドが各々仕切られており、他人に気兼ねすることなく熟睡できました。

2日目

この時期雨が心配されましたが絶好のゴルフ日和、初めてのコースではありましたがみな好成績で上がってきました。競技方法はオネストジョンで行い、今年100を切ったのが1回しかないといっていた福山さんが90のベストスコア-で、また隠しホールを調整しても自己申告スコア-ぴったりで見事優勝いたしました。なお自己申告スコア-1オーバーにつき200円、1アンダーにつき400円,OB及び1ペナ200円の罰金とし、ショートホール各ホールごとに1オンしなかったら200円の罰金としニアピンの人が総取りなど複雑なルールとしたため清算に手間取ってしまいました。2日目は皆帰る都合があるため1日目の成績によるハンデ戦することにしました。

夕食は日本酒の飲める和食に変更、魚沼地区の地酒を堪能いたしました。特に各組で一番成績の悪かった南,鯉谷両名の前には2号徳利が乱立し、均等割りにして皆様にご迷惑をおかけいたしました。

夕食後ほろ酔い気分でホタル観賞に出かけ、都会ではあまりお目にかかれない平家ホタルの淡い光を楽しみました

3日目

天気が気になるのか年のせいか4時過ぎから皆ゴソゴソ。予報ではだんだん悪くなるとのことでしたがスタート時点では降っていなかったので強行。途中少し降られましたが雨具を着るほどではなく無事終了いたしました。なお天気が悪い時に小さなブヨが活躍するとのこと、虫よけスプレーなどで防御しましたが何人かは被害にあった模様。成績は前田()さんがハンデ戦になると実力を発揮見事優勝いたしました。

スタートを早めたのとスルーで回ったため2時半過ぎに東京方面へ車,新幹線、新潟空港から大阪へと帰途につき3日間のゴルフツアーは無事終了いたしました。                     (鯉谷 記)