枯山水の会5月例会の報告

戻る

枯山水の会5月例会は新潟県十日町市の「当間高原リゾート」で開催しました。昨年7月に開催した折来年は5月にやろうとの声が上がり、新潟在住の鯉谷氏の企画で実現しました。5月29日〜31日の2泊3日の行程で7名の参加のもと2ラウンドのゴルフを楽しみました。

今年は関西からの参加者がいなかったのは寂しかったのですが、昨年の参加者に加えて藤本氏が参加されました。

『あてま高原リゾートベルナティオ』は新潟県の『雪と緑のふるさとマイ・ライフリゾート新潟構想』の一環として作られた施設。標高400m460haの高原に『自然とリゾートとの共生』をコンセプトにホテル,ゴルフ場,プール,テニス場,サッカー場などのほか水辺環境の創出を目指してビオトープの整備を行っています。

昨年の体験から夕食は洋風バイキング料理をやめて、二日とも日本食レストランで日本海の魚介類や豚しゃぶと蕎麦、日本酒(一升瓶をオーダー)を和気あいあいと楽しみました。

ゴルフは二日とも好天に恵まれ、怪我もなく、ブヨに刺されることも無く(7月から5月に変更した成果?)、プレイすることが出来ました。今年は競技形式は止めて、個々のスキルを発揮することに専念することとしました。

                                                (前田 記)